春巻きに水疱が出来る訳

料理

今夜のおかずは春巻き~♪と張り切って作りましたが揚がった春巻きは水疱だらけ。

かなりのグロテスク(笑)

普段はならないのに何故だろう。いつもと皮が違ったから??

気泡が出来る

調べてみると,皮が裏表とか高温すぎるなどが出てきました。

実はいつも使っている皮とは違う会社のものを購入したんです。(普段は気泡が出来ない)

いつもの皮より柔らかく水分が多い感じがしました。水分のせいだろうか。

色々調べてみた結果、高温だったというのが一番の問題みたいです。

春巻きの失敗例

皮が破れて具材が出る→具材に空気がはいってしまう・具材が冷めていない

春巻きが焦げる→温度が高すぎる・低温からじっくり揚げきつね色になったら上げる

仕上がりがべちゃっとしている→高温で揚げると皮の水分が抜けきらず後からべちゃっとする

まとめ

やはり料理というのは基本が大事ですね(^_-)-☆

次回は美味しい春巻きが出来るといいな。でもグロテスクな春巻きも、モチモチしていて美味しいね~と何故か好評でした(笑)


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました