鎮痙剤の副作用

haruka

今日は大腸カメラの検査がありました。

普段は注射をしないのですが、今日は肩に注射をされました。鎮痙剤というものです。

カメラ検査中、腸管の蠕動や攣縮を生じやすく、そのために鎮痙剤が一般的に使用されることが多いそうですが

私は直腸しか検査しないのでいつもしてなかったと思うのですが

今回は注射をしました。看護婦さんが把握してなかったのか、方針が変わったのか。

検査後の様子

普段は注射をしないので、普通に帰宅出来ますが今日は違いました。

看護婦さんから「喉の渇きと目がチカチカするので運転しないでください」と言われました。

えええ???

帰れないじゃん((笑))

検査後、まさにその症状がでました。

喉の渇きと目のピントが合わない。

症状

喉の渇きは水分をとれば大丈夫ですが、目がひどかったです。

携帯画面はボケボケ・売店に行った時に、文字と値段が読めない。ここまでピントが合わなくなった経験がないので(普段はかなり目がいい)

目が悪い方はこうやって見えるのか・・・と、逆に体験出来た事が良かったというか。

シーチキン巻きか納豆巻きか判断できないって感じです(;^_^A (売店にて)

1時間ほどして

1時間ほどして目のピントも治り無事帰宅しました。

窓口で文字を書くことがあったのですが、実は全然見えてなかったという。

ピントが合わないって事はこんなに不便なんだな~と思った出来事でした。

参考までに・・


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました