ぬか漬け革命!ぬかチューブ使ってみた☆

おすすめ商品

ぬかチューブ知っていますか?ぬかチューブとは簡単手軽にぬか漬けが出来る魔法のアイテム(*^_^*)

チューブタイプなので手が汚れず、思い立った時に食べたい分だけぬか漬けが作れるんです。

野菜以外にお肉やお魚・チーズやうずらの卵にも使えるんだって!

それでは早速作ってみましょう~♪

定番!きゅうりのぬか漬けの場合

  1. キュウリを洗う・端を切る
  2. ラップにキュウリを置き、ぬかチューブ約12センチを2本絞り出す
  3. ぬかをまんべんなく広げて、冷蔵庫で1晩寝かす
  4. ぬかを洗い流し好きなサイズに切る

製品情報

名称:ぬか漬けの素

原材料名いりぬか(米(国産))、食塩、大豆粉末、リンゴ酢、唐辛子、米ぬか抽出物、乳酸菌、ワインエキス/酒精、(一部に大豆・りんご含む)

内容量170g 保存方法直射日光、高温多湿を避け、常温で保存してください。

【栄養成分表示1回(約25g)当たり】エネルギー:37kcal / たんぱく質:1.2g / 脂質:1.7g / 炭水化物:4.0g / 食塩相当量:2.7g

おすすめ具材

ミニトマト:6~8個程をよく洗ってヘタを取り、十字に切り込みを入れます。皮があり、漬かるのがゆっくりなので、一日ほど冷蔵庫で漬けるのがオススメ

なす:よく洗ってヘタを取り、半割にします。皮があり、漬かるのがゆっくりなので、一日ほど冷蔵庫で漬けるのがオススメ

アボカド:半分にカットして種と皮をむきます。全体にやさしくぬかでおおって漬ける。少しかためのアボカドを使うと漬けやすい

うずらの卵:うずらの卵100g(10~12個分ほど)を漬け込みます。うずらの卵はつぶれやすいので、やさしくぬかを表面に伸ばすようにしておおう。

魚の切り身:魚の切り身100gは表面の水分をキッチンペーパーなどでよく拭き取ってから漬けます。ぬかを表面にまんべんなくのばす。食べる前に表面のぬかをよく拭き取り、中までよく加熱

まとめ

ぬか床ってメンテナンスが大変ってよく聞きますよね。そちらもきっと味があっていいものだと思いますが、初めての方はこちらからはじめてもいいかもれませんね(^_-)-☆そしてドはまりしてしまったらぬか床へ( ´艸`) 

先日きゅうりで作ってみたのですが、普段あまり美味しい!という言葉を発しない義父が、「このきゅうり美味しいね」って言ってました(笑)

個人的には大成功です!

ネットやスーパーなどでも購入出来るのでぜひ、お試しあれ☆

次回はキムチチューブもお試ししてみます(^_-)-☆


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました